>>

コラム 「素晴らしきサポーターさんたち①」 エンジェルライン

NPO法人仕事と子育て両立支援センター

「ベビーシッター、ハウスキーパーサービスを通して、笑顔の子育てを応援します。」

″素晴らしきサポーターさんたち″①

今回は、サポーターについてお話します。

エンジェルラインで「サポーター」と呼んでいるのは、「ベビーシッター」や「ハウスキーパー」としてサポート活動を実際に行ってくださる会員さんのことです。
私どもにとってサポーターはもっとも大切な存在。サポーターさんたちの心意気や努力、そしてサポート活動で流してくださった汗が、これまで利用会員(サポートを依頼するいわばお客様)からの信頼を得られてきた理由だからです。

□「サポーター」の要件
もちろん保育士や看護師、ヘルパーなどの資格や経験のある人は大歓迎ですが、
次の要件を満たせば、特別な資格は持ってなくても大丈夫です。
 ①当センターの理念に賛同してくださること
 ②子育てや家事の経験があること
 ③必要な研修を受けること

□「サポーター」の年齢層について
30代~60代まで幅広い年代の方が活躍しています。「ご自身も子育て真っ最中だけど、できる範囲でお手伝いしたい」「子育ては一段落、社会とつながりたい、役に立ちたい」「定年を迎えて第2の人生、今度は働くお母さんを助けたい」などなど動機もさまざまです。

□会員登録について
必要な書類を添付し入会書類を提出していただきます。その際事務局スタッフが面談し、当センターの事業説明と状況ヒヤリングをさせてもらいます。
「入会=サポーター登録」になるということで、エンジェルラインと雇用関係は発生しません。サポーターさんは「有償ボランティア」という立場で、サポート活動を行った際に規定のサポート謝金が支払われます。

□サポート活動について
サポートの依頼は、利用会員→事務局→サポーターの流れで行われます。サポート依頼は「単発的」・「定期的」、「短時間」・「長時間」とさまざまです。事務局からサポートの依頼があった場合、ご自身の都合により引き受けるかどうかを選択できます。ご自分のキャパシティに合わせて活動ができます。

″素晴らしきサポーターさんたち″と題して書き始めましたが、今回はまず当センターの「サポーター」をご理解いただいてからと思ったら、内容が「サポーター概要」になってしまいました。

次回こそ、愛すべきサポーターさんたちの素晴らしさをお伝えしますね!!

最後に、サポーターは常時募集しています。興味のある方は、遠慮なくお問い合わせください。

▲ページの先頭へ >>