>>

コラム 「素晴らしきサポーターさんたち②」 エンジェルライン

NPO法人仕事と子育て両立支援センター

「ベビーシッター、ハウスキーパーサービスを通して、笑顔の子育てを応援します。」

″素晴らしきサポーターさんたち″②

前回に続きエンジェルラインを支えてくださっている「サポーターさん」についてお話しします。

具体的にどんなひとがサポーターになっているのか、またどんなサポートを行っているのかについてイメージしてただくために、会員様向けに定期で発行している「エンジェル通信」の「サポーターさんこんにちは」のコーナーより5名のサポーターさんの声を紹介します。(実名は控えさせていただきます)

①お庭のブルーベリーさん(宇都宮市在住・サポーター歴5年) 
小学生のころから、近所の赤ちゃんを抱っこするのが大好きでした。3人の子が成長してから、子育て支援に関わり始めて8年、エンジェルラインでの活動は5年目になります。お子さんとパパママの笑顔が見られる幸せに感謝しながら末長く活動していきたいと思っています。
(活動内容)
シワシワの笑顔がトレードマーク!やわらかいお腹と胸で(要するに太っている?)どんな寝ぐずりの子でもスヤスヤ眠らせる特技があります。活動をきっかけに保育士の資格を取りました。

②きみしまさん(大田原市在住・サポーター歴4年)
私より大きい中学3年生と中学1年生の息子2人、小4の娘と、育ち盛り3人の子育て中のママです。私が会員になったのは、何といっても子どもが大好きで、ずっと子どもと携われる仕事をしていきたいという理由からです。お母さんやお子さんの目線になってサポートしていけたらと思います。
(活動内容)
事務局は宇都宮にありますが、県北の方でもお子さんを預かれる機会がたくさん増えたら嬉しく思います。また、若いお母さん方のお手伝いが出来るようサポートを頑張っていこうと思っています。

③オールドマザーさん(宇都宮市在住・サポーター歴3年)
定年退職した夫と私の二人で楽しい毎日でしたが・・・何か充実した毎日ではありませんでした。自分たちの子(現在長女36才・長男30才)を育てるとき大変な思いをし、色々な方にお世話になったことを思い出し、子育てのお手伝いが出来ればと思い、エンジェルのサポートに登録させて頂きました。
(活動内容)
ベビーシッターでは、短い時間でも子供たち一人一人の個性を大切に安心感が与えられるサポートを続けていきたいと思っています。ハウスキーパーでは、主婦目線で家庭に在る物でエコライフを行っています。アクリルタワシを作って使用しています。

④チロルチョコさん(宇都宮市在住・サポーター歴3年)
私は三人の子を持つ母親です。我が子だけでなく子どもが大好きで一緒にいるだけで元気をもらえる毎日です。必要とされる利用者さん宅のお子さまをお預かりするこの仕事に感謝しています。あの震災の日、私は初めて合う利用者さんのお宅で地震を経験しました。何とも言えない恐怖の中 お預かりしているお子さまを抱きながら非常階段を下り一緒にいたおばあちゃんと震えていました。「2人を守らなければ!」と責任を感じながらと同時に我が子の無事を祈り一日が終わりました。これからも出来る限り多くの方の力となり色々な人達との出会いを大切にしていきたいと思います。
(活動内容)
基本的な保育はもちろん乳児~学童期まで自信を持って対応いたします。子どもの目線になって一緒に楽しむこと。安全に気を付けることなど・・。子どもたちに関わる上で初心を忘れず見守っていきます。

⑤アンパンマン さん(宇都宮市在住・サポーター歴3年)
夫と小学生の息子と3人暮らしです。保育士の資格を生かし、サポーターになり3年になります。主に、ベビーシッターサービス、イベント託児、病児保育をさせて頂いています。息子もお手伝いをしてくれていて、子ども達にも大人気です。
(活動内容)『明るく・楽しく・笑顔』をモットーに、日々、サポーターとしてがんばっております。子ども達の笑顔は、私の元気の源になっています!

   いかがですか?
「サポーターってどんな人がなっているのか」「サポートってどんなことをやっているのか」 がイメージできましたでしょうか?

サポーターさんは、家事や育児の経験があるいわゆるフツーの主婦の方たちです。
サポートの内容も、日常の育児や家事のお手伝いです。

しかしフツーの主婦なのにフツーと違うのは、彼女たちの「心意気と」「心遣い」!!
いつも「困ったらお互い様ですよ」「私ができることならお手伝しますよ」という思いを持ち、 いざというときに「大丈夫よ~、行けるわよ~」と言ってくれるフットワークの軽さを持ち、 「かゆい所に手を伸ばし、かゆくない所では引っ込める」相手への思いやり。

こんな素晴らしきサポーターさんの仲間になりたい...と思われた方は遠慮なくお問い合わせください。

▲ページの先頭へ >>