>>

コラム 殿塚麻美

コラムニスト 殿塚朝美

後継者サポートオフィス

経営後継者の方々が自らの人生を生きるために、適切なサポートを提供し続けます。

後継者の営業軍師、殿塚です。事業承継計画作成から経営戦略まで、中小企業の経営後継者に特化した支援を行なっております。

「事業承継」と言われても、いまいちピンとこない方が多いかもしれません。もしくは、『事業承継=相続』と思われる方もいます。
実際、私が今までお会いしてきた経営者の多くは、事業承継対策とは相続税対策のことだと思われていました。
これは経営者の認識問題というよりも、経営者を支援する多くの税理士・会計事務所側が、『事業承継対策=相続税の節減対策』として実施している部分が大きな理由だと思います。

しかし、実際に必要となる事業承継対策とは、決して相続税の問題だけではありません。
そもそも、事業承継とは「生きている事業を受け渡し(受け継ぎ)価値を継続させる」ことです。その事業の価値を上げるも下げるも、全ては後継者次第。
また、事業承継には、複雑に絡み合った相続人間の利害問題も発生しますね。
さらに細かい話を言えば、(後継者と)取引先との関係・従業員との関係や、何より、お客様との関係にも大きな影響が出る可能性がある。

後継者が先代から事業を受け継ぎ、経営者になるということは、事業に対して全ての責任を持つ、ということです。
事業承継を、一相続税対策として考えていると、後から問題が発生したときに「時既に遅し」となる可能性があります。

いずれにせよ、事業承継対策は問題が複雑であり、今日明日で解決できるものではありません。先代が元気だからまだいいや・・・ではなく、元気な今だからこそ、しっかり事業承継計画をすすめる必要があります。

そして、その事業承継計画の主役となるのは、現経営者ではなく、後継者であることが重要です。繰り返しになりますが、会社(事業)を受け継いだ後、価値を上げるも下げるも、すべては後継者次第です。事業承継の主役が後継者でなく、誰が主役となるのでしょうか。

・・ということで今後、こちらのコラムへは、様々な事業承継対策について書かせていただこうと思っております。辛口厳しい脅し・・・にならないよう(笑)楽しく読んでいただけるように、書きますので!よろしくお願いいたします!!

▲ページの先頭へ >>